視力回復手術レーシックで視力アップ!

視力回復手術

視力回復手術を受ける方が増えています。

テレビで南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太)がレーシックで視力回復しましたよね。

視力回復手術と言えば、レーシック、イントラレーシックがあげられるかと思います。

他にも、ウェーブフロントレーシック、エピレーシック、LASEK、フェイキックIOL、角膜内リング、遠近両用眼内レンズ、フレックスPRKなど視力回復手術の種類は色々あります。

目の手術という事で恐怖感も感じますが、レーシック、イントラレーシックは視力矯正として、当たり前の方法になっています。

近視、遠視、乱視も回復可能で、スポーツ選手や有名人でもレーシックなど視力回復手術をする人が多いようです。

誰でも視力回復手術を受けられる訳では無く、リスクはゼロではありませんが、体験談・口コミ等の情報を見ると、痛みも無く失敗する事もまず無いようで安心です。

技術の進歩により、視力回復手術の安全性はかなり高いものになっているようです。

視力回復方法は色々紹介されていますが、費用はかかるものの、視力回復手術が確実な方法かと思います。

レーシック、イントラレーシック等の視力回復手術について調べてみました。何か参考になれば幸いです。

視力回復手術で視力アップ

視力回復手術を考える方も多く、実際に手術を受ける方も増えています。

近視、遠視、乱視などの方は視力が回復・アップできないかと考える事と思います。

視力回復手術と言われると、まず思い浮かぶのがレーシックかもしれません。

レーシック手術をするとコンタクトレンズやメガネのような視力矯正具は必要なくなり、裸眼の視力が回復可能です!

レーシックで視力回復すればコンタクトレンズやメガネの煩わしさから解放されると共に、普段ぼやけていたものがハッキリ見えるようになり、気分が晴れ晴れしたなどの体験談・口コミをよく見かけます。

近視や遠視は目に入ってくる光の屈折が上手くいかない事が原因にあります。光の屈折を上手く調整できず、焦点をあわせる事が出来なくなる為に視力低下が起きてしまいます。

メガネやコンタクトレンズは、裸眼で上手く調節できなくなった光の屈折をレンズを通して行い視力を矯正してくれます。

対してレーシックはどのようにして視力回復をさせるのかと言うと、レーザー治療器を使って角膜の形を変える手術を行います。角膜の形を変える事で光の屈折が上手くいくようになり、焦点があわせやすくなって視力が回復する訳です。

視力回復手術として、レーシックは一般的になっています。ただレーシックは失敗の危険性はそれほどありませんが、誰でも受ける事ができる視力回復手術ではありません。自分が受けることができる手術か、きちんと調べる必要があります。

レーシックが認知されるようになって、それほど時間は経っていませんが、これからも手術法や検査法、費用の面の改善が進んでいき、ますますレーシックは身近な視力回復法となるでしょう。

レーシックの業界は現在色々なクリニックの競争になっています。レーシックを受けようと検討している人は、色々な情報収集をしておくのがお薦めです。身近にお得な情報があったりしますので参考にすると良いでしょう!

視力回復手術で人気のレーシック

視力回復手術というと随分と大掛かりな手術で、目の手術という事で失明などの恐怖感もあると思います。決してそんなことではないことが、レーシック関係のサイトを見ていただければ分かると思います。

しかし、レーシックの技術は進歩してるので安全に視力回復ができるようです。不安でしたら眼科、クリニック等に相談してみたり資料請求してみると良いでしょう。

レーシックは、安全性を最優先にしたレーザー近視治療です。

レーシックとは、正確には『Laser in situ Keratomileusis』といい、この頭文字をとってLASIK(レーシック)と表記されています。高精度の医療用エキシマレーザーを角膜に照射して、「光学的なゆがみ」を矯正します。近視の眼では光のピントが合わず映像がぼやけるので、角膜を少し削る事でピントが合うように補正するのがレーシック手術です。

レーシック先進国のアメリカでは視力回復手術の実績はかなりあり、2000年には70万人、2002年には100万人以上が手術を受け、受けた人の約97%以上が1.0以上の視力に回復しているそうです。

日本では2000年に厚生労働省からエキシマレーザー装置に対する認可がおり、それ以来レーシックは急速に普及しています。

しかし、レーシックの効果は個人差があり、視力が回復が約束されるものではありません。ただ、レーシックをすることで、メガネやコンタクトレンズをしないでも、裸眼できちんと見えるまで視力が回復して満足している人が多いようです。

レーシックをした後に、裸眼で見える期間も個人差が出ます。ただ、治療効果がすぐに薄れてしまうような視力回復手術ではありませんので大丈夫です。

視力回復手術レーシックは、安全で治療費なども安くなってきています。思い切ってレーシックを受けてみるのも良いと思います。

視力回復方法

★視力回復トレーニング★

視力回復法として人気があるのが視力回復トレーニング。

眼が物を見る仕組みを考えた上で、必要な部分を鍛える事で視力アップを目指すトレーニング。

視力回復トレーニングでは毛様体筋を鍛える事、水晶体の動きを回復させる事が大切。水晶体を適切な大きさに動かす事が出来れば、視力回復も。その水晶体を動かしているのが毛様体筋。毛様体筋を鍛える事で視力回復が望める訳です。

視力回復トレーニングは即効性がある訳では無いので、無理せず継続して行う事が大切です。

インターネット上の動画の使用、ゲームソフトなどの視力回復トレーニングもありますの、利用してみると良いでしょう。

 

★ブルーベリーで視力回復

ブルーベリーは目に良いということで人気です。

ブルーベリーのアントシアニンという紫色の色素が効果的。

目にはロドプシンという紫色の色素があり、この色素が目に入った光を信号に変換し脳へ送信。アントシアニンが加齢などで減ったロドプシンの生成を助け、目に効果的。

ブルーベリーの中でも、ビルベリーがアントシアニンが特に多く含まれ効果的。

レーシック手術の流れ

レーシックは痛みを伴ったり、入院が必要思われがちです。

しかし、レーシック手術自体は両目で15分から20分位で終わり、入院する必要もありません。個人差はありますが、痛みもほとんど感じないようです。

レーシック手術の流れですが、まずは目に目薬形式の麻酔をします。目に注射をする訳ではないのでで安心です。

その後目にレーザーを当てます。レーザーを角膜にあてる時間は1分かからない位です。

最後に目の洗浄などをして終了です。 レーシック手術自体は、このように15分から20分程度の短時間で終了します。麻酔をするので、手術中痛みはほとんど感じません。 レーシック手術後に麻酔が切れても、少し違和感を感じる程度。目薬式の痛み止めも処方されますし心配は無いと思います。手術したその日に帰宅も出来ますので、大がかりな手術という訳ではありません。

レーシック手術の費用

レーシックは保険が適用されません。

しかし、保険会社によってはレーシックに保険が適用できる会社もあるようなので、レーシックを検討している方は、一度保険会社に相談すると良いと思います。

レーシックにかかる費用は20万円前後から高くて60万円程度のようです。

以前は60万円位がレーシック費用の相場だったようですが、現在はレーシックが普及した事、価格競争が起きた事もあり、安いクリニックだと両目で13万円というクリニックもあるようです。

レーシックの適正価格は定まっておらず、レーシックで大手と呼ばれるクリニックでは費用が20万円から30万円程度になっているようです。

しかし、何十万も支払うことに抵抗を感じる方もいると思います。メガネやコンタクトレンズで我慢しようと考える人もいるかもしれません。

眼鏡やコンタクトの煩わしさと、裸眼で視界がハッキリする爽快感を比べての自己判断になると思います。

レーシック手術のリスク

レーシックは安全と言われるている視力回復手術ですが手術ですのでリスクはあります。一部とはいえ目の角膜を削る訳ですから、危険は全く無いとは言えません。

しかし、レーシック手術は、技術、機器などの進歩もあり、安全性が高いものです。失明などのリスクはありえないとも言われています。

レーシック手術での一番のリスクは合併症ですが、ただそのような症状もレーシック手術後3ヶ月ほどで無くなるとそうです、目薬などでケアで日常生活に支障はないようです。

レーシック手術のリスク回避は、病院選びを慎重にに検討する事がポイントです。

レーシックにかかる費用だけで選ぶのではなく、十分な説明や検査、レーシックのメリットだけでなくデメリットもきちんと説明してくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。クリニックの口コミや体験談を調べてみるのも良いでしょう。

病院選びは自分で出来るレーシックのリスク回避法です。

納得いくまで説明を受け、また、親身に対応してくれるクリニックを選んでレーシック手術を受けると良いと思います。

視力回復手術の体験談

視力回復手術を受ける事はやはり不安です。リスクが少なく、痛みはほとんどないレーシックでも、自分に効果があるのかどうか不安になると思います。

レーシック手術を受けた人の体験談やクリニックの口コミなども聞ければ、少しは安心するとは思います。

レーシックの体験談や口コミを探して参考にするなら、視力回復手術ができるクリニックのサイトには、多くの体験者の声が掲載されています。

一般の人からスポーツ選手や芸能人など色々な人の体験談を参考にできます。当然宣伝の為の掲載な事は頭に入れておく必要があります。

生の声を探すなら、SNS、ブログ等が良いと思います。レーシックを受けようと思ったきっかけ、検査、手術、手術後の様子などが掲載されていたりします。かなり具体的に掲載されていますので参考になると思います。

レーシックの体験談、感想、口コミ等を見てみてみると、共通した意見としてレーシックを受けて良かったというものが多いです。

メガネやコンタクトレンズをしないでも、きちんと見えるという状況は、体験した人間でないと分からない素晴らしいもののようです。

レーシック手術後の痛みは、やはり個人差があるようです。手術後しばらくは痛みで目を開ける事ができなかったと体験記で見かけました。ただ、あらかじめ担当医が言っていた範囲だったので、気にならなかったと書いてはありました。

人気の視力回復手術が受けられるクリニック

レーシック手術を受ける事ができるクリニックをいくつか紹介します。

★神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター

レーシックなどの視力回復手術専門の眼科。

レーシックをはじめ、イントラレーシック、LASEK、ウェーブフロントレーシック、エピレーシック、フェイキックIOL、角膜内リング、遠近両用眼内レンズ、フレックスPRKなど様々な最先端視力回復手術を行っています。

たくさんの、芸能人やスポーツ選手も神奈川クリニックでレーシック手術を受けているようで、公式HPでは体験談を見る事ができますよ。新宿、名古屋、大阪が拠点。

★品川近視クリニック

視力回復における屈折矯正施術の専門院。

レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、フェイキックIOL、イントラ角膜リングなど最先端の視力回復療法を受ける事ができます。

こちらも、たくさんの芸能人やスポーツ選手がレーシック手術を受けたようで体験談等を見る事ができます。銀座、大阪梅田に拠点。

お悩み解決MENU

ニキビケアわきが多汗症

 

レーシック、イントラレーシック等視力回復手術 お薦め眼科、クリニック

神奈川クリニック、品川近視クリニック、南青山アイクリニック、錦糸眼科、神戸クリニック、たじり眼科、加藤眼科レーシックセンター、眼科松原クリニック、柏眼科クリニックなど

 

視力回復手術が技術の進歩もあり普及しています。レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシック、フェイキックIOL、角膜内リング、眼内レンズ等手術法も色々です。南海キャンディーズの山ちゃんがレーシックで視力回復したのを見て興味を持った方も多いのではないでしょうか。神奈川クリニック、品川近視クリニックなど有名なクリニックもあり、芸能人、スポーツ選手等も多くレーシック手術を受けているようです。近視、遠視、乱視で悩む人は多いと思います。視力回復手術を受けて裸眼で視界がハッキリする喜びはとても大きいというレーシックの口コミ、体験談、感想等を見かけます。レーシックの失敗、失明等を不安に思うかもしれませんが、技術の進歩により安全性は高いようです。視力回復トレーニングなどの方法もありますが、レーシックは保険適用が無く費用はかかってしまう部分はありますが、視力回復を望むならレーシック等の視力回復手術レーシック、イントラレーシックが近道かと思います!